テーマの基本

WordPress(ワードプレス)の見た目のデザインの事で一般的な言い方でテンプレートです。HTMLやCSS、PHPを書かなくてもWordPress(ワードプレス)の標準機能で理想的なホームページにでき、テーマを変えるだけでホームページの印象がガラッと変わります。

いくつものテーマが利用可能

WordPress(ワードプレス)インストール後に入っている初期のテーマ以外にも数千ものテーマが無料で配布されています。また、公式のテーマ以外にもインターネットで検索すると個人や企業で無料、有料のテーマが配布されています。これらのテーマはZIP形式でインストールが可能です。

テーマを変更してみる

管理画面から外観をクリックします。現在インストールされているテーマが表示されます。変更したいテーマをクリックして有効化をクリックするとテーマの変更が完了します。投稿を表示で実際のサイトを見てみると変更されているのが確認できます。

テーマを追加する

管理画面から外観をクリックします。そうすると先ほどと同じように現在インストールされているテーマが表示されます。画面上の上の方に新規追加というボタンがあります。そこをクリックすると下の画像のような画面が出てきます。

それぞれの画像部分へマウスをもっていくとインストールとプレビューと言うボタンが出てきます。プレビューを押すと選んだテーマ(テンプレート)をインストールするとどのようなサイトになるかを確認することができます。自分のサイトにあうテーマが有ればインストールすることでテーマを有効化できます。

テーマをアップロードする

インターネットでWordPress(ワードプレス)のテーマで検索すると色々なサイトで無料、有料のテーマを紹介しています。それらはZIP形式でダウンロードしてZIP形式でアップロードする事でテーマを有効化できます。例えば下のリンク先にあるようなテーマです。基本は無料で追加機能が有料になります。
ランディングページ機能付きWordPressテーマ Emanon

WordPressテーマならLIQUID PRESS

ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」

気に入ったテーマがあればダウンロードします。
テーマをアップロードするには、外観をクリック後にテーマのアップロードをクリックします。そうすると下の画像のような画面になります。

ファイルを選択をクリックして先ほどダウンロードしたファイルを選びます。その後今すぐインストールをクリックします。そうするとテーマが追加されていますので有効化が可能になります。

テーマのマトメ

数千種類のテーマから自分のイメージするサイトにあわせたテーマを選びます。有料のテーマのいいところはSEO対策などが最初からされている為自分でカスタマイズをあまりしなくてすむというところです。サイトを制作していくと集客等を考えていかなければなりません。その手間を省こうと思ったら有料のほうがいいのかもしれません。知識がある方は自分で制作していくと思いますが、初心者の方はじっくり考えてからテーマを決めた方がいいかもしれません。