NVR510の立ち上げ設定

ルーターの設定はまずIPアドレスを設定しなければなりません。NVR510は192.168.100.1が既定値になっています。他のPCなどのアドレスが192.168.100.***なら設定変更は必要ありません。ほとんどの場合は違うと思いますので再設定をしていきます。

まずルーターをネットワーク上に接続します。社内ネットワークの再構成の接続方法を参考にしてください。又は設定変更をするだけであればLANケーブルでNVR510とPCを直接接続してくだい。
NVR510のLANポートは、ストレート、クロス自動判定なのでLANケーブルであれば何でも大丈夫です。

ケーブルで接続したら両方とも電源を入れます。起動時にNVR510からブザー音がなります。後で設定変更で消すことができますが、ブザーによる通知設定で起動時や、設定変更があった場合など教えてくれる機能があります。

LANの設定変更

パソコンのブラウザ(Google Chrome,Internet Explorer ,Firefoxなど)でhttp://192.168.100.1と入力します。ユーザとパスワード(初期値は、どちらも無し)を入力すると管理画面に行けます。


かんたん設定ボタンをクリック


基本設定をクリック→LANアドレスを選択します。

「設定」ボタンをクリックして、ネットワークで利用しているIPアドレスに変更します。「192.168.0.**」であれば、「192.168.0.1」に設定します。

「保存」ボタンをクリックします。自動的にルーターが再起動を開始するので起動後に、ブラウザで変更したIPアドレスで管理画面を再表示します。

WANの設定変更

LAN側の設定が終了したら、次にWAN(インターネット)接続を設定します。「かんたん設定」タブを選択し、「プロバイダー接続」ボタンをクリックする。
「プロバイダー接続」画面が表示されます。

「新規」ボタンをクリックする。
「WAN」または「ONU」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。

自動判別された接続方法を確認し、「次へ」ボタンをクリックする。後は画面の指示に従っていけば設定完了です。

DHCPの設定変更

社内ネットワークの見直し・再構成で問題になったIPアドレスの重複問題を解決する為にDHCPサーバーから自動取得するIPアドレスの範囲を変更します。

詳細設定のDHCPサーバーをクリックします。
IPアドレスの範囲を変更します。現状で「192.168.0.60」までを固定IPアドレスで使用していますので余裕を見て設定範囲を「192.168.0.80」~「192.168.0.191」に変更します。それによってIPアドレスの重複はなくなります。

機器の情報入力

NVR510の重要な機能であるNATセッション数や、LAN側やインターネット側のトラフィック情報が表示されるようになります。端末一覧にPCの情報やIPアドレスを入力してどの機器が使用されているか可視化できるようにします。

NVR510のまとめ

基本的な設定はかんたん設定で可能です。一般的なルーターに比べればかなり高価な品ですが、中小企業のネットワーク管理にはかなり便利なルーターです。専属のネットワーク管理者を置かないで兼任でやっている人が多いと思います。管理しやすく、トラブル解消に活躍できるルーターです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマハ ギガアクセスVoIPルーター NVR510
価格:39880円(税込、送料無料) (2018/5/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマハ ネットワークハブ SWX2100-16G [転送速度:10/100/10…
価格:46440円(税込、送料別) (2018/5/18時点)